プログラム開発経緯〜介護の現場から生まれた7つの習慣Care

7つの習慣Careは、株式会社FCEメディカル&ケアが提供しているプログラムです。このプログラムは、FCEグループの介護事業所開設の経験および介護経営者との数多くの対話、議論の中から生まれたプログラムです。開発経緯についてご紹介いたします。

一見順調に見えた事業所開設、ほどなく立ちはだかる「人」の問題

FCEグループは、2011年4月より、介護事業所開設をしています。当初一見順調な立ち上げでしたが、人材育成・組織風土の大きな壁に直面しました。この壁を乗りこえたい、と悩んだ私達は、数多くの介護事業経営者の方に相談を申し上げたのですが、ほぼ全ての方から共通する話を伺うことになったのでした。

多くの介護経営者に共通する話とは

「うちも人材育成には悩んでいる」
「介護の技術や知識は多く持ってくれているが、人間関係やコミュニケーションが良くない」
「その結果、例えば入浴介護ひとつとっても、スタッフ同士で『やり方が違う』と関係悪化したり、ベテランが新人教育に消極的であったりなど、様々な問題が生じている」
「経営者は『やるべき介護』を考え、スタッフは『やりたい介護』と考える。互いの考えが相容れず困っている」・・・

私達だけではなく、多くの介護経営者の方々が、スタッフ一人ひとりの人間関係とコミュニケーションの課題について、同じように悩んでいらっしゃるのだ、ということを知ったのでした。

介護現場の目線を大事にした解決法を提供したい

この、私達の介護事業経営者としての経験、多くの介護経営者様との対話が、介護業界に共通する悩みを自ら解決する方法を提供したい、という強い思いにつながったのです。そうして、介護に関わる方の多くのご協力を頂戴しながら、「7つの習慣Care」プログラムが生まれることとなりました。

様々な業界でも活用実績がある

私どもFCEグループは、これまで、様々な業界で経営者様と、現場の働く方々の人材育成や組織作りのご支援をしてきました。また、小学生〜大学生向けに、人間力向上授業プログラムの開発・提供を行っております。教育機関における組織改革や教員育成の支援も行っています。この多くの組織で受け入れられてきた人材育成や組織作りのプログラムが、「7つの習慣Care」にも取り入れられています。

ページの先頭へ戻る