「学び」を「習慣」に変える習慣化サポート

7つの習慣Careは、「習慣化サポートプログラム」も用意しています。「習慣」は一朝一夕で身につくものではありません。研修を通じて見つけた「明日から本当にやりたい!」と思うチャレンジを続けるためのサポートプログラムです。

習慣化チャレンジで研修の効果を、日々の仕事につなげる

「習慣化サポートプログラム」は、チャレンジシート、活動共有、サポートメールの3つから成り立っています。

1. チャレンジシートで変えたい行動や意識を明確化
実際のチャレンジの事例
  • スタッフからの刺激に対しては、必ず「一時停止ボタン」を押す
  • 相手に感情移入するために傾聴する
  • 相違点を歓迎する
  • ミッション・ステートメントを作成し、実践し続ける
  • Win-Winになるためにパラダイムを変える
研修で学んだことをもとに、自分が変えたいと思う行動や意識をチャレンジ項目として選択します。
習慣化チャレンジシートに書き込み、チャレンジに挑戦します。
2. 受講者同士の活動共有
チャレンジと平行して、参加者同士で毎週1回メールでの活動共有を行います。自身のチャレンジ状況を報告しながら、お互いのチャレンジを励ましあい、習慣の定着を狙います。
3. サポートメール
受講者同士のメールだけではなく、研修担当者からのサポートメールもあるので、「7つの習慣Care」の知識をもとに振り返りながらチャレンジを続け、習慣化のトレーニングを行うことができます。

ページの先頭へ戻る